こぎん刺し Oikawa & Muto 新商品届いています。

少しずつアップしています。
製作者の方のご意向で価格は抑え目にしています。多くの方にお使いいただけたら嬉しい♪とのこと。手作りの味わいを楽しみたい方どうぞ使ってみてください。

『スクエアバッグ•北欧の街』
大きくて使いやすいバッグ。内側のポケットにはPASMO入れも付いている利便性の高いバッグ。ポケットは、駐車券入れにも。
f0319699_18512083.jpeg

『紺地がま口バッグ』
とても綺麗なバッグです。幾何学模様が魅力的。
f0319699_18545045.jpeg
『グリーン系がま口』
こちらも丁寧にこぎん刺しが施された素敵ながま口です。小物入れとして、バッグに入れて持ち歩きたい品物。
f0319699_18561084.jpeg

『スマホケース 斜めブロックライン』
f0319699_18580325.jpeg
裏のロゴは、優しいパステルカラー。
f0319699_18583928.jpeg

『スマホケース カラフルタウン』
f0319699_18591926.jpeg
裏のロゴは、爽やか白系。
f0319699_19000900.jpeg
スマホケース、持ち手は取り外し可能。紐をかけて、ショルダーにもなる金具も付いています。
f0319699_19012573.jpeg

来週から留守にするため、ショップのお休みをいただきます。ご注文のタイミングによっては、お休み後にご入金をお願いするかも知れません。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
ご希望の方のご注文は承りますので、どうぞよろしくお願い致します。


# by fukidayori | 2019-03-18 18:48 | 秋田 蕗だより | Trackback | Comments(0)

秋田の椎茸

秋田市産の椎茸いただきました。
肉厚で、立派な椎茸です。
f0319699_18161177.jpeg
かつて一緒には働いていたお料理上手な後輩から教えてもらったレシピで料理。
f0319699_18173645.jpeg
寿次郎さんのお盆にのせて。

椎茸のカサの部分に刻んだ長ネギをのせ、マヨネーズ少し絞りお醤油もたらり、最後にピザ用チーズをパラパラとかけたら、魚用グリルで焼いて出来上がり110.png

マヨネーズの代わりにオリーブオイルでも164.png

お弁当のおかずにも良いですよ。

# by fukidayori | 2019-03-18 18:14 | food | Trackback | Comments(0)

お客様からの写真・春のフォトだより

例年より早い春の訪れ。
でも、辺りを見回しても花はあまり見当たりません。
冬越えしたビオラ、パンジーがまだ元気がない状態で咲いているだけ。クロッカスも、スノーフレークもまだです。
梅もまだ。。。

先月いただいた千葉在住N様からのお弁当フォトだより。
梅の香りがいっぱいのお弁当を拝見して、とても幸せな気持ちになりました。
f0319699_20213339.jpg
N様は、梅柄の曲げわっぱを使って下さっています。
おたよりは、2月5日にいただいたものですが、その時既に白梅が満開だったそう。日本列島は縦に長く、花の季節の訪れも時間差があるのですね。
メニューは、「青豆ご飯に鯖の西京漬け、穴子入りの卵焼き、蒸した芽キャベツ、茹で菜の花、梅干し煮の梅型人参にコンソメスープ煮の梅型大根」だそうです。
色どりが綺麗で美味しそうなお弁当102.png

3月3日のあとには、ひな祭りの御膳のお写真もいただきました。
f0319699_20202557.jpg
杉工房浅井さんの杉のお重箱をお使い下さっています。
山田商店の湯呑みカップに、みかん、独活、きゅうり、若布のサラダ。
川連塗り佐藤昭司商店2代目佐藤昭仁さん作の江戸切子とのコラボのガラスの器には、菜の花和え。
菱形の小皿には、サイコロステーキ。
山田商店のお椀には、蛤の潮汁とのこと。

優しい雰囲気のひな祭りの御膳に、こちらの気持ちもほぐれてきます。季節ごとに、このように召し上がる方への気持ちのこもったお料理を、家族や訪れて来たお客様に出していきたいものです。

丁寧な暮らし。。。雑誌や本には、良くうたわれているフレーズですが、実際それを実践するには、気持ちのゆとりがないと難しいなぁと実感しています。

「ひな祭りの食卓には、自然で手触りの優しい漆器が殊更相応しいように思います♪」
と結ばれていたN様からのおたより。

私が縁あって販売した品物に息を吹きかけ、生きた使い方を示して下さいましてどうも有難うございました。


# by fukidayori | 2019-03-10 21:19 | お客様からの写真・(お弁当フォトだより) | Trackback | Comments(0)

中川原さんの本、届きました。

東京白山でgallery KEIANを運営する堀 恵栄子さんが、クラウドファンディングで資金を集めて製作した中川原信一さんの本が、昨日出版されました。

こちらのブログで、私も参加を呼びかけさせていただきました。ご協力下さった皆様どうも有難うございました。

私自身は、本を購入するだけの参加で、夕べ行われたレセプションには参加しませんでしたが、出版社文藝春秋のホールで、素敵なことが会が催されたことと思います。今回は、奥様の惠美子さんもご一緒でしたから、出版記念の実演会と、それに続くレセプションでは、今まで伺えなかった中川原信一さんの素顔にもお会い出来たかも知れませんね。

昨日の朝日新聞の秋田版の記事です。
f0319699_09101512.jpeg
出版された本。gallery KEIANさんからの丁寧なお礼状も同梱されていました。
f0319699_09114891.jpeg
写真が美しい本。まだ内容は読めておりませんが、堀さんの想いがたくさん詰まった本であることが、ちらっとみただけで伝わってきました。

興味がある方、是非ご覧になって下さい。

# by fukidayori | 2019-03-10 08:55 | 中川原信一さん | Trackback | Comments(0)

土佐文旦の砂糖漬け

いただきものの土佐文旦を、お世話になった方におすそ分けしました。
秋田で、文旦はとてもとても珍しいのです。

マーマレードと、砂糖漬けのレシピも添えたところ。
f0319699_22041690.jpeg
丁寧に皮をむいて、水にさらして、苦味を取る工程を繰り返し、干してから、グラニュー糖をまぶして、砂糖漬けを作ったそうです。

綺麗なお皿にのせられた砂糖漬けは、高級和食店のデザートに出せる程の上品な味に仕上がっていました。

ふぅ、秋田の方々は本当に手作りが上手です。手間を惜しまず丁寧に作るから、初めてでもびっくりするほど良いものが出来上がって来ます。

感心していると、「素材が良いから」の声も。
栽培方法にもこだわった文旦、身も皮も素晴らしい果物でした。
自然のめぐみ。南の地域の果物102.png

# by fukidayori | 2019-03-08 22:01 | 生活 | Trackback | Comments(0)